気付かない内に進行する糖尿病の怖さ|生活改善して予防対策を

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

血管を目立たなくするなら

手

治療で改善できる

手の荒れや乾燥はハンドクリームなどでケアを行えば目立たなくすることができますが、加齢とともに浮き出てくる血管は普段のお手入れだけではめだたなくするのは難しいものがあります。手の甲や腕に血管が浮き出てしまう症状をハンドペインと呼びますが、目立ってしまうこともあり、気にしている人は多いのではないでしょうか。ハンドペインは時には手のだるさや痛みも伴うことがありますが、治療で改善することもできますので、医療機関に相談してみることもおすすめです。その治療方法はクリニックによって違いがあり、レーザーを用いて、血管内治療を行う方法もあれば、硬化療法で対応していくこともあります。こうした治療は脚の血管が目立つ下肢静脈瘤の治療が応用されています。

短時間で治療が行える

血管が目立ってしまう原因は加齢の影響で皮膚が薄くなること、紫外線による皮膚の老化、さらに血管の老化などがあげられます。そのまま自然に改善するということはかなり難しいものがありますが、治療を行えばかなりの改善を得ることもできます。ハンドペインの治療は短時間で行うことができ、メスを使わずに行うことができますのでダウンタイムも短めとなっています。治療後はすぐに帰宅することができ、翌日からも仕事が行えることも多くなっています。治療内容により施術時間やダウンタイムの長さは変わってきますので、治療前にはよく確認しておきましょう。こうした治療を行うことで気になるハンドペインの症状はかなり改善され、若々しい腕や手を取り戻すことができます。